読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘミシンカーナビドム-2のブログ

ヘミシンクと瞑想と旅行のブログです

呪詛について-2

呪詛は、返されると倍返しになるといいます。

9月25日の呪詛返しを私に打たれた、と勘違いしたのでしょう。

10月9日のは今までとは段違いの、力、殺意に満ちた悪意の呪詛。

私を殺そうと云う呪い、死を身近に感じました。恐ろしい。

自分の呪詛が返されたと気付か無いのか。

9月25日の呪詛返しで行者の腎臓が破壊されたのでしょう。

私も殺されたく無いので、我が神に必死に祈りました。

檜の呪詛返しをしました。

10/17日にまた呪詛を打たれました。

かなり力が弱くなっていました。

檜の呪詛返しをしました。

10/22日また呪詛打たれました。

檜の呪詛返しをしました。

本当にしっこい。

10/24日にまた呪詛打たれた。

檜の呪詛返しをしました。

呪詛返しは、倍返しなのにまた呪詛を打って来るとは。頭のおかしいのか。

10月26日の朝、ものすごい、清々しい、

何なんだろう⁇

朝、瞑想してると、閻魔大王が見えた?

そして、金剛力士が見えた、5メートル位の大きさ。

護法神が私に言われた、・・・汝に聞きたい事がある。・・・

はい、何でしょうか。

・・・行者の事だ。・・・

横領をした者を私が告発しました。

その者は逆恨みし、行者に呪詛を依頼しました。

行者は、何度も呪詛を打ってきました。

私は死にたく無いので、ひたすら呪詛返しをしました。

行者に何かあったとするなら、それは自業自得、悪業の報いでしょう。

・・・汝は誠を語った。・・・

護法神は、しばらく間を置き、言われた。

・・・汝に罪は無い。無罪となす。・・・

帰ろうとした、話し掛けました。

お聞きしたいことがあります。

振り返り言います、・・・何か・・・

行者の事です、かの者この後どうなりますか?

・・・正当なる裁判を受け、地獄に落とされる。

その後、自分が呪詛で殺した者達から永遠の責め苦を受けるであろう!・・・

そうですか、ありがとうございました。

神は帰りました。

 ものすごいリアルな映像。 

行者の末路は哀れといいます。

一流の行者は決して呪詛の依頼を受け無いと言います。

急に腎臓を壊され透析をすることになった者、は呪詛を疑ったほうが良いかもしれませんね。

 

f:id:nabidomu-2:20161029170113j:plain