読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘミシンカーナビドム-2のブログ

ヘミシンクと瞑想と旅行のブログです

呪詛について-1

f:id:nabidomu-2:20161028223128j:plain

会社の金を横領した者がいました。

私が告発しました、それを逆恨みして、神道行者に依頼して呪詛を打って来ました。

今年の2月は、横領した者を脅して止めさせた。

9月に入りまた打ってきた。

気が付いたのは9/9辺り、腎臓が痛くなり、瞑想していたら、心に氷を入れられたみたいに冷たくなり、不安で押し潰されそうに感じた。

呪詛除けの護符を書いても効果がなく、どうしようか考えた挙句に、八幡書店にメールをしてどうすればいいかを尋ねました。

神法道術秘伝書の中の檜の呪詛返しをするとよいと返事をもらい.、檜の板をアマゾンで買い求め呪詛返しをしました。

9/25にまた呪詛を打たれました。このころに真っ赤な血の小便が出ました。

すぐに檜の呪詛返しをしました。

檜の板に墨で人型を書き呪詛を払うものです。

痛いこと、参りました。

10/9になり瞑想していると神道行者が呪詛しているのが見えました。

自分の護身結界を強く張り、厭魅系の呪詛、木などを人型に切り、胸に相手の名前を書き釘を打ち、人型を棺おけに入れ石で釘を打ち土の中に埋めるという呪法です。

これは今までのとは違い、本気で人を殺すためのものです。

9/25で呪詛返しをしたらその呪いは倍返しで本人に返ります。

行者は70歳くらいのじーさん、ちょこざいなそうほざいてます。

自分の打った呪いと分からなかったのでしよう。

私も死にたくないので、檜の呪詛払いを本気でしました。

続きは次回へ